お中元は義実家に贈る?相場は?両親へのおすすめ品物9つ

初夏の気持ちいい風が吹く頃、突然夫が聞いてきた。
「お中元って●●ちゃん(私)の実家に贈ったほうがよい?」

「いやいや、うちの両親そんなのいらないから~!お中元もお歳暮もほぼ誰からも届いてなかったし、誰にも贈ってなかったよ」

と笑いながら伝えました。そして、ハタと気づいた。

あれ、私の両親はお中元いらなくても、夫の両親はお中元を求めているのか?!

夫に聞くと「お互い贈らない、でいっか~」と、なんだか軽いなぁ おい。

お中元は義実家に贈るものなのか。
もし贈る場合、相場はいくらぐらいか。
両親へのおすすめの品物は何?

さくっと疑問にお答えします!

スポンサーリンク
  

お中元は義実家に贈るのがマナー?

お中元を義理の両親に贈るか贈らないか?
こちら、結論から言うと、正しい答えはありません。
各ご家庭次第、というのが身も蓋もない答えです。

ですので、あなたの義両親はお中元を贈らないとどう思うだろう?もしくは、あなたは義両親にお中元を贈りたいのか?と、素直に考えてみてください。

お中元とは、夏の暑い盛りに、日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちと、健康を願う気持ちを伝えるために、日本に古くから伝わる風習です。

なので、お中元は感謝の気持ちを伝え、健康を願うことが本来の意味。
品物を送ることが、問題の本質ではないのですよ。

お中元を義実家に贈る相場はいくら?

義理の両親、両親に贈るお中元の相場は3000~5000円程度とされています。

スポンサーリンク

これだけ聞くと、意外と安いと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、お中元だけでなくお歳暮、母の日父の日、お誕生日などにもそれぞれ贈り物をするとなると、金銭的に負担に感じるご家庭も多いかと思います。

何より、年に何回も同じ相手に贈る物を選ぶとなると、なかなか大変です。
そして、お中元は一度贈りはじめると無限ループとなる可能性も大いにあります。

あなた達家族と、義理の両親の家族の距離感や、どういう風にお付き合いしていきたいか、改めて考える機会になると思います。

お中元を義両親に贈る場合おすすめ9つ

1)ビール

お酒が好きならコレ!銘柄にこだわる方も多いので、事前にリサーチしておくと安心です。

2)そうめん

そうめんって意外と高いですよね。安いそうめんもありますが、味が違います。3000円分のそうめん、自分では買えなくても贈り物なら美味しくいただけます。

3)カタログギフト

迷ったらコレ。いまや人の好みはそれぞれですから、自分で選べるカタログギフトは無難かつ王道。選ぶ楽しみもありますしね。

4)ハム・ソーセージ(加工肉)

加工肉もお値段張るんですよね。贈り物にぴったりです。

5)コーヒー

義両親に贈る場合は、事前にインスタント派かドリップ派か等、コーヒーの流儀をリサーチしておけばきっと喜んでもらえる品です。

6)スイーツ(和菓子・洋菓子)

これはお中元というより、贈り物の鉄板。季節的にはゼリーやところてんなど涼やかでいいですよね。あとはアイスも!

7)果物

旬のフルーツはいかがでしょう。生鮮のフルーツは高級感も漂います。

8)缶詰

日持ちがします。最近ではレアアイテムとして、かぶらないかも?!

9)地域の特産品

お住まいの地域ならではの食品があれば是非選んでみてください。毎年では飽きてしかうかもしれませんが、気に入っていただけた場合はお歳暮などでもリピートできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お中元を義両親に贈るかどうかは、あなた個人の問題としてでなく、配偶者ときちんと話し合って決めてくださいね。

一度はじめたらやめにくいと考えては悩みが深まるばかりですが、やめたくなったらやめればいいのです。
とりあえず一度は贈ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。