宇都宮 ドライブで行く花見スポット3選。見頃や駐車場、アクセス情報


休日に宇都宮をドライブ・・・なんていうと、どうしても真っ先に浮かんでしまうものがあります。そうです、「餃子」ですね。

これは、個人的に思うことでもありながら「でも、宇都宮は餃子のイメージ強いよね?」と思っている方は、結構多いのでは?と感じます。

しかし、栃木県宇都宮市には餃子以外でも有名なものが数多く存在します。

そのひとつが、「花見スポット」なのです。

ということで、今回は宇都宮に楽しくドライブで観に行ける花見スポットと、桜の見頃や駐車場とかアクセス情報などを検証していきましょう。

スポンサーリンク

宇都宮でドライブ 花見スポットおすすめ3選

では、宇都宮にはどのようなお花見スポットがあるのでしょうか?

車でドライブして行く、ということを念頭において紹介していきたいと思います。

その1:八幡山公園

八幡山公園とは、宇都宮のほぼ中心に位置する八幡山の山頂からふもとにかけて建設された、複合的なレジャー施設です。

八幡山公園には、たくさんのつつじや桜があり、特にお花見シーズン中は多くの露店と大勢の観衆で大にぎわいなのです。

800本以上の桜が一斉に満開になっている様には、見事なまでの迫力があることでしょう。

また、八幡山の山頂付近には2つの有名スポットが存在します。

ひとつは、有形文化財の指定をうけた樹齢300年を超える30mのクスノキ。

もうひとつは山頂にそびえる高さ89mの電波塔「宇都宮タワー」です。

有料(大人で190円ほど)ですが展望台にもなっており、山頂+タワー合わせて約250mというけっこうな高さから目にすることができる、壮大な桜咲く園内の景色は、見る者すべてを魅了します!

さらに夜になると、宇都宮タワーがまさかのライトアップ!咲き乱れる桜の合間から見える煌びやかに光る宇都宮タワーも圧巻の見応えがあるのです。これぞまさに「八幡山公園、下から見るか、上から見るか」・・・ですかね。

そして、敷地内には複数の遊戯施設や「うさぎとふれあい体験」など、大人から子供まで1日中楽しめてしまう、そんなテーマパークとしても有名です。

◆八幡山公園インフォメーション

住所:栃木県宇都宮市塙田5-1-1
お問い合わせ:028-624-0642(宇都宮タワー内、八幡山公園管理事務所)
桜の見頃:例年4月上旬~中旬
入園料:無料(ただし、宇都宮タワーやゴーカートなどの施設は有料)

アクセス:電車の場合はJR宇都宮駅からバス⇒県庁前で下車、歩いて15分ほど。
ドライブの場合は、東北自動車道宇都宮ICから20分ほど、あるいは鹿沼ICから35分ほどで到着。
駐車場 :宇都宮タワーを中心に西に50台分、東に20台分のスペース有。
HP   :http://hatimanyama.jp/

宇都宮でドライブを楽しみながら気軽に立ち寄れるお花見スポットとしては、大人も子供も十分に楽しめるとてもおすすめな場所ですので、ぜひ一度行ってみましょう!

その2:栃木県総合運動公園

宇都宮市民には、「とちのきファミリーランド」という名前の方がよく知れ渡っている栃木県総合運動公園は、年間で約70万人近い総動員数を記録する栃木県が設立した運動公園です。

ちなみに「とちのきファミリーランド」とは、栃木県総合運動公園内にある小規模な遊園地で、幅広いアトラクションや大観覧車が有名な、小さなお子様にも大人気の施設です。

スポンサーリンク

約300本(もしくは500本とも記載されている場合もあり)ものソメイヨシノが咲き乱れる園内は優しくも優雅な桃色につつまれ、見る人の心を穏やかにし、さわやかな春の訪れを感じさせてくれることでしょう。

そんな中で毎年開催される行事、それが「桜まつり」です。

ほのかに輝くぼんぼりが点灯し、多くの売店が道いっぱいに並び、「桜茶」をサービスで振る舞ってくれたり、スタンプラリーなどのイベントも行ったりしています。

ドライブに疲れたときは、大観覧車にでも乗りながら桜満開の景色にゆっくりと身を委ねてみてはいかがでしょうか。

◆栃木県総合運動公園インフォメーション

住所:栃木県宇都宮市西川田4-1-1
お問い合わせ:028-659-1201
桜の見頃:例年3月末日~4月上旬(桜まつりの開催もこの時期)
入園料:無料(ただし、とちのきファミリーランド施設内は有料)

アクセス:電車の場合は、東武宇都宮線/西川田駅から徒歩15分、
JR宇都宮線/雀宮駅から徒歩30分
ドライブの方は、東北自動車道/鹿沼ICより車で15分
(この場合、さつきローという有料道路を経由します)
北関東自動車道/壬生ICより車で20分
北関東自動車道/宇都宮上三川ICから車で15分

駐車場 :大駐車場(公園南側)普通車677台、大型車/48台
西駐車場(公園西側)普通車650台
※ただし、整備中の場合もあるので先に状況を問い合わせておくことをおすすめします。

その3:宇都宮二荒山神社

宇都宮でも古くから由緒正しい有名な神社として知られているのが、この「宇都宮二荒山神社(うつのみやふたらやまじんじゃ)」です。

また、同栃木県内の日光市に、ほぼ同じ名前の「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」という寺社がありますが、今回はこちらの寺社様ではないのでお間違えのないように。

宇都宮の中心街に位置する二荒山神社、格式ある鳥居との境界線をまたいで建っているのは近代的象徴であるビルの群れ。

境内に向かう途中で振り返えると見えるその景色は、まるで遠い昔の世界から時空を超越して未来を垣間見ている、そんなふうにも感じられます。

神社の境内まで続く階段、その道のりには古き良き時代の桜が鮮やかに咲き誇り、参拝に来る人々を暖かくお出迎え。

そして、陽が落ちる頃、来訪者を出迎えてくれた桜たちは一斉に幻想の光をまとい、境内に続く階段を照らして、行き交う人々を暖かく支えてくれるのです。

夜間のドライブで疲れた時の目の保養にもなりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ!

◆宇都宮二荒山神社インフォメーション

住所:栃木県宇都宮市馬場通1-1-1
お問い合わせ:028-622-5271
桜の見頃:4月上旬
入園料:無料

アクセス:電車などの場合、JR宇都宮駅からバスで5分
JR宇都宮駅西口バスターミナルより市内バス乗車
「馬場町(二荒山神社前)」下車、「馬場町(二荒山神社前)」から徒歩。
東武宇都宮駅から徒歩で10分

ドライブの場合、東北自動車道鹿沼ICから車で20分ほど
東北自動車道宇都宮ICから車で25分ほど

駐車場 :300台分スペース有
※ただし時間制で有料、駐車時間8:00~21:00料金30分ごとに100円
最大12時間で 1日800円
例外として、ご祈祷の方のみ利用時間2時間まで無料
HP:http://www.futaarayamakaikan.jp/

▼あわせて読みたい▼
ドライブデートのマストアイテム。飲み物・おやつは?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

宇都宮をドライブで楽しみながら行くお花見スポット、その桜の見頃には若干の違いはありますが、共通して4月上旬が見頃だということが、おわかり頂けたことでしょう。

また、ご紹介させていただいたお花見スポットのイベント開催時期などの詳細につきましては、各運営団体様に直接お問い合わせいただけたら幸いです。

最後にドライブは、くれぐれも長時間の運転をするなどの無理をしないよう、途中で休憩を挟みながら楽しく走行することをおススメいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。