秩父ミューズパーク プールで食事。持ち込み可?レストラン・売店は?


秩父ミューズパークでプールに行った場合、大抵の方はお昼をまたいで半日以上の滞在になるかと思います。

今回は、秩父ミューズパーク プールでの食事情報をお伝えします。持ち込み飲み物・食べ物OKか?レストラン・売店で何が幾らぐらいで買えるのかを紹介します。

▼こちらもオススメ▼
ミューズパーク混雑具合は?割引クーポンと駐車場情報も
ミューズパークプール子供の遊び場&スライダー情報。おむつは?

スポンサーリンク

秩父ミューズパーク プールの食事情報

秩父ミューズパークのプールに入っても、ゲートで再入場券をスタッフの方に簡単にもらえます。○分以内に戻ること等の条件もありません。

ですので、ミューズパークを出て食事することも可能です。

秩父ミューズパークにある施設でおいしいランチを食べることもできます。秩父ミューズパークにある飲食施設は以下です。

・ステンドハウス・軽食堂ピエリア
・森のカフェ&ダイニング(コテージPICA秩父)
・農林産物直売所
・メープルベース(パンケーキカフェ)

PICA秩父ではランチバイキングが11:00~15:00(LO14:30)で開催されています。日によってバイキングじゃない日があるかもしれません。大人約1,600円したので、そこそこお値段は張りますが、ここのバイキングはおいしかったです。

ほかに、軽食堂ピエリアはラーメンやうどん、そば、焼きそば、カレーなど定番の軽食メニューがお手ごろ価格で楽しめます。

秩父のかえでの木からとれるメープルシロップを使用したパンケーキがいただけるカフェ・メープルベースや、農林産物直売所で惣菜も購入できます。

ただ、秩父ミューズパーク内といえど、上記にあげたカフェ・レストランは水着のままでは行けません。

プール⇒着替え⇒移動⇒ランチ⇒移動⇒着替え⇒プール

という行程は、私個人としては現実的でないと感じるので、プール外で食べたい場合は、

午前中にプールに入場⇒プール退場⇒ランチ施設へGO

ランチ⇒ランチ後にプールにGO

のいずれかが現実的&効率的なスケジュールだと感じます。

午前中も午後も目いっぱいプールを楽しみたい!と言う方は、プールの施設内か、併設のセントラルパークでの食事をオススメしていますので、詳細は次章以降をご覧ください^^

秩父ミューズパーク プールは持ち込み可?


秩父ミューズパークのプールに、食品・飲み物の持ち込みは可能です。

ただ、アルコール類・ビン類の持ち込みは一切禁止されています。

日よけ(テント)の下で、レジャーシートを敷いて居場所にするのが秩父ミューズパークのプールでは一般的ですが、クーラーボックスを持ち込まれている方も多数います。

クーラーボックスなら、お弁当やおにぎり、サンドイッチなども腐らせずにいただけますので、お持ち方は是非活用してください。節約になりますよ。

また、持ち込みしたら恥ずかしい!?と心配される方もいるかもしれませんが、水筒や弁当の持ち込みは皆さんされていますので、全く目立つことはありません。堂々と持ち込んで、ランチボックスを広げても大丈夫ですよ。

クーラーボックスがなく、保冷剤だけで持ち込みの弁当を冷やすのは、この暑い時期、正直無理があるでしょう。

日よけテントの下、日陰に置いていても保冷剤などあっという間に溶け、食中毒などが心配されます。

持ち込むならクーラー必須、クーラーがないなら持ち込みはやめておくのが賢い選択です。

また、プールサイドには自動販売機もいくつか点在しています。通常価格で購入できるので、冷たい飲み物が随時手に入る安心感はあります。

秩父ミューズパーク プールのレストラン・売店は?

プールの敷地を出ずとも、売店・レストランはあります。

スポンサーリンク

まず、流れるプールの両サイドにある売店を紹介。

入場口を背にして左手の売店には、生ビールからフランクフルト、チュロス、ラーメン、カキ氷など軽食があります。

見た目的にも入りやすいですし、カキ氷ももりもりです♪この売店で生ビールを頼んだのですが、半分以上泡でした…(-_-;)

つづいて、入場口を背にしてプール右側にある売店は、海の家風で趣があります。

ただ、なぜかこちら側の売店はあまり人が入っていませんでした。なんででしょうね?客層が子供メインなので、居酒屋風は好まれないのかな…と推測しました。

また、プールの入場口を出ると、セントラルハウス内にもセルフサービス式のレストランがあります。ラーメンや焼きそば、うどん・そばなど、基本的な食事が取れます。

私はこちらでラーメン(600円)をいただきました。量が少なめなのと、エアコンがない体育館のような感じで蒸し暑いですね。場合によっては、外(プールサイド)で食べるほうが風通しもよく、気持ちいいと思いました。

から揚げやコロッケもあり、小学生はもりもり揚げ物を食べていましたよ。

セントラルハウスはプール入場口を一旦出る必要があるのですが、再入場券が何の手続きもなく渡して頂けますし、水着姿のままで大丈夫なので、特段の手間なく行き来できますよ。

ちなみに、秩父ミューズパークのプールは1時間ごとに10分間の休憩があります。

2018年は毎時50分~00分まで休憩時間でした。


休憩時間は、売店に列ができますので、並びたくない方は休憩時間外に利用するとよいでしょう。

秩父ミューズパーク プールの食事まとめ

いかがでしたでしょうか?

秩父ミューズパークのプールで食べるランチは、持ち込み可です。

クーラーボックスがあるなら、持ち込んだほうが節約になりますし、結果一番おいしいランチになりそうです。

売店・レストランでは軽食が食べられます。お値段的にもそこまで高くないので、上手に利用してレジャー気分を味わってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。