りんご狩り福岡 食べ放題可?おすすめ農園5つ。三瀬なら○○できる!

りんご狩り福岡で食べ放題できる?
りんご狩りといえば、青森や信州のイメージが強いですが、九州は福岡でもできるんですよー!

今回は、福岡県のりんご狩りで食べ放題できる農園はどこ?おすすめの農園を紹介し、福岡の県境にあり福岡市からもアクセスの良い佐賀県三瀬のりんご狩りスポットもお届けします^^

スポンサーリンク
  

りんご狩り 福岡で食べ放題できるのは?

フルーツ狩り、味覚狩りで人気なのは食べ放題!

福岡にあるりんご狩り観光農園で食べ放題できるスポットは、残念ながらありません。

ですが、ものは考えようです!

食べ放題と言っても、実際そんなにりんごばっかり食べられないですよね?時間制限があったら尚のことです。

農園ではりんご狩りに専念し、持ち帰ってゆっくりご自宅でデザートとしてりんごを味わうのもいいですよ。

また、ご近所さんや職場、お友だちにお土産としてりんごをお渡しするのも喜ばれます*^^*

でもでもでも、やっぱり青空の下、りんごをもぎ取ったならそのままガブリとかぶりつきたい!という欲望もよ~~く分かります。そういう方は即閉じ禁止!ページの後半に食べ放題ができる農園を紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

りんご狩り 福岡県おすすめ農園5つ

それでは早速、九州は福岡県内でりんご狩りができる貴重なスポットを紹介していきます!

大抵の農園は個人の場合は予約不要・シーズン中無休ですが、事前にお電話で確認されることを強くオススメします。

農作物の生育状況は天候に左右されますし、開催期間も目安に過ぎません。こまかい情報なども随時変更されている可能性があるので、事前に確認できると安心です。

朝倉りんご園

環境にやさしいぼかし肥料、有機物の堆肥と植物酵素で育てられたリンゴたち。
やっぱり安心して丸かじりできるのが、スーパーで買うリンゴとの違いですよね。

玄米酢、植物酵素でいきいきとした葉っぱを育て、少しでも農薬の使用を抑える工夫を重ねています。

入園前に試食できるので、味に納得してからりんご狩りをはじめていただけます。

朝倉インターより車で約5分とアクセスも◎

10月上旬~中旬はシナノスイートを、10月中旬~11月下旬は“ふじ”を味わえます。

朝倉りんご園
開催期間(目安)10月下旬~12月上旬
営業時間 10:00~17:00
定休日 
価格 入園無料 もぎ取り分量り売り700円/kg
予約 10名以下は予約不要
電話 0946-52-0374 農園直通:080-3182-9291
住所 福岡県朝倉市菱野1112-1
駐車場 あり
HP http://appleasakura.com/

秋月観光りんご・なし狩り園

秋月りんご園のシンボル「かじられたリンゴの像」がポケモンGOのスポットに!

梨狩りも行っているので、時期によっては両方楽しめます^^

物産所では新鮮な農産物を販売、地元の民芸品なども手に入ります。

また、軽食・喫茶の「秋月あっぷる家」ではリンゴカレーや梨カレー、アップルパイに梨パイと、甘く熟したフルーツをたっぷり使ったスイーツを堪能できますよ。

秋月観光りんご・なし狩り園
開催期間(目安)8月中旬~11月下旬
営業時間 9:30~17:00
定休日 シーズン中無休
価格 入園無料 もぎ取り分量り売り1kg500円~650円 ※品種による
予約 必要
電話 0946-25-1933
住所 福岡県朝倉市長谷山313
駐車場 あり
HP http://akizuki-nashi.com/

嘉穂の里フルーツ共和国 九州リンゴ村

馬見山中腹の斜面約10ヘクタールを利用し、地元の農家さんがリンゴ・梨を育てています。市場に出荷せず、すべて観光客のために開放しています。

品種も豊富で、リンゴは津軽や赤城など全8種。

周辺一体が“リンゴ村”と呼ばれており、果樹園とフルーツ屋が並ぶ山道をドライブするのも気持ちいいですよ。

九州リンゴ村
開催期間(目安)8月上旬~11月下旬
営業時間 9:00~17:00
定休日 シーズン中は無休
価格 入園無料 量り売り1kg630円
予約 20名以下予約不要
電話 0948-57-2580(宮小路果樹組合)
住所 福岡県嘉麻市馬見1909-8
駐車場 100台分有・無料
HP http://www.e-kama.net/area/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%E6%9D%91/

松木果樹園

除草剤を使用しない草生栽培を採用。また、化学肥料でなく有機肥料を用いることで甘みとコクのあるフルーツが育ちます。

スポンサーリンク

さらに、樹上完熟をポリシーとしており、しっかり充分に日光を浴びたフルーツは糖度が高く、おいしいと評判です。

口コミ評価も高く、2度3度訪れるリピーターが多いのも特徴です。

松木果樹園
開催期間(目安)9月下旬~11月中旬
営業時間 事前問合せで確認
定休日 シーズン中無休
価格 入園料:大人200円 小人(4歳~小学生)100円/もぎ取り分別途
予約 事前確認要
電話 0930-42-3125
住所 福岡県京都郡みやこ町犀川大坂280-26
駐車場 40台分有・無料
HP http://www.matsuki-kajuen.com/

八木山観光りんご園

家族経営の観光農園。龍王山水系の湧き水がいただけます。

試食後に入園できます。傾斜にあるためベビーカーや車椅子での移動は厳しいですが、その代わりにロケーションは◎

7品種ほどのリンゴが楽しめます。

八木山観光りんご園
開催期間(目安)9月~11月頃
営業時間 9:00~17:00
定休日 要問合せ
価格 入園無料 量り売り1kg600円
予約 要問合せ
電話 0948-23-3569
住所 福岡県飯塚市八木山631
駐車場 あり
HP http://www.nihon-kankou.or.jp/fukuoka/402052/detail/40205cb3510079194

りんご狩り 福岡市からスグの三瀬なら○○できる!

福岡県で限ると上記のお勧めになりますが、福岡市など県西からは佐賀へのアクセスのほうが良い場合も。

佐賀県佐賀市三瀬村では、りんご狩りできるスポットがありますよ。

しかも、福岡県内のりんご狩りではできなかった夢の食べ放題ができます!

しかもしかも、お値段も大人450円で時間無制限の食べ放題ですから、格安です。

ぜひ佐賀観光と兼ねて行かれるのもいいですね。

まるじゅんリンゴ園

寒暖の差があり、果実が甘く成育しやすい標高450mの山間地域にて、300本以上15品種以上のリンゴを栽培しています。

りんごの果実に農薬や虫が直接触れないよう、有袋(ふくろかけ)栽培にこだわっています。安心して丸かじりいただけますよ。

ほかにもリンゴの生絞りジュースやアップルパイ、生キャラメルやジャムなど、手作りスイーツがお手ごろ価格でいただけるのも◎

津軽から紅玉、シナノスイートから王林、ふじ等、時期に応じて楽しめます。

まるじゅんリンゴ園
開催期間(目安)8月下旬~11月上旬
営業時間 9:00~17:00
定休日 シーズン中無休
価格 食べ放題 中学生以上450円/4歳~小学生まで350円
   持ち帰り量り売り 1kg650円
予約 20名以下の場合不要
電話 0952-56-2244(予約の電話は7時~9時/18時~20時まで)
住所 佐賀県佐賀市三瀬村藤原2377
駐車場 あり
HP http://marujun.wixsite.com/marujun

マルヤスりんご園

こちらも時間無制限のりんご狩り&食べ放題が楽しめる観光農園。袋をかけて農薬を防いでいるので、安心してかぶりついてくださいね!

食べ放題の最高記録は14個とか?!

入園自体も時間制限はないので、レジャーシートやお弁当を持ち込んでゆっくりされるのも素敵な過ごし方です。日ごろの疲れが癒されそうです。

リンゴ園入り口には売店あり。リンゴパイや三瀬バーガー、生絞りジュース等いただけます。

マルヤスりんご園
開催期間(目安)8月下旬~11月下旬
営業時間 9:00~17:00
定休日 シーズン中無休
価格 食べ放題 中学生以上450円/4歳~小学生まで350円
   持ち帰り量り売り 1kg650円
予約 20名以下の場合不要
電話 0952-56-2540
住所 佐賀県神埼郡三瀬村大字藤原2407
駐車場 40台分有・無料
HP http://www2.saganet.ne.jp/ringoyas/

りんご狩り福岡・三瀬まとめ

いかがでしたでしょうか?

いずれのりんご狩りスポットも滞在時間に制限はないので、自然豊かな農園内でゆったりと過ごす休日もいいですね。

時期によっては冷え込むので、りんご狩りは早めに切り上げて、ほかの観光地めぐりと合わせるのが賢明かも。

⇒福岡各地の観光スポット・口コミを楽天旅ノートでチェックする♪

⇒佐賀市の観光スポット・口コミを楽天旅ノートでチェックする♪

上のリンク先を参考に、寄り道スポット・旅の行程を練るのもいいですね。

やはり、予定を立てている時間はワクワクします^^

それでは、行ってらっしゃいませ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。